17.12.05 テラスマイル17年11-12月 RightARM Ver.2リリース

11月は、「展開」の一カ月になりました。新たな地域として、長野と千葉、熊本に伺い、RightARM ver.2の取り組みを伝えてきました。

12月は、「インプリメンテーション(導入支援)」の一カ月になりそうです。12月4日現在で30User、705区域(田畑・ハウスの数)の引き合いを頂いており、急いで注文書やライセンス規約、サポート体制の準備を進めています。


<11月トピックス>

  1. RightARM ver.2をリリース。レポートの自動出力を強化。
  2. RightARM ver.2の1st. userとして、門川町高糖度トマト部会に採用。トマトジュースの拡販でも協力。JA宮崎中央、千葉、熊本、長野、広島、鹿児島でRightARMの取り組みを伝える。
  3. ICCスタートアップカタパルトに出場決まる。認知度向上と開発強化に向け、新たなチャレンジへ。

<12月活動予定>

  1. RightARM ver.2の導入を急ピッチで進める。
  2. 認知度向上、人材採用、開発強化(長期的な資金調達)に向け、1年半ぶりにRightARMという新たなサービスでプレゼンを開始。2/20 ICCスタートアップカタパルトを最大の目標に。

(ア) 12/2 リバネス ベンチャーピッチ(宮崎 MUKASA-HUB)

(イ) 12/6 Hamamatsu Venture Tribe(浜松)

(ウ) 12/11 横須賀 16 Startup イチロクカンファレンス(横須賀)

  1. Ver.4にむけ、資金調達活動を開始。宮崎太陽キャピタルさんのハンズオンサポートを得て、より密度の濃い資金調達活動を行います。

 


<11月トピックス>詳細

  1. RightARM ver.2をリリース。レポートの自動出力を強化。

11/20にRightARM Ver.2をリリースしました。

  • Ver.1のコンセプト:私たちのコンサルティングの生産性を高める
  • Ver.2のコンセプト:農業法人・生産者グループ管理者の生産性向上を支援
  • Ver.3のコンセプト:流通との契約出荷を推進 ※2018年初春リリース

 

 

Ver.1 Ver.2

Ver.3

利用者 テラスマイル

コンサルティング

生産法人管理者 ①    流通企業

(契約出荷向け)

②    中小企業診断士向け

生産計画 独自ノウハウ 独自ノウハウ 〇 自動化
データ自動整形 △ センサー数機種対応 〇 対応機種拡大
出荷売上予測 △ ※施設園芸 長期栽培 〇 施設園芸短期栽培追加 〇 露地野菜追加
業績評価 81パターンのRightARMメソッドを使用 〇 11パターンを自動レポート(新聞・成績表)として出力 〇 業績評価レポートを数パターン追加

  1. RightARM ver.2の第一号 userとして、門川町高糖度トマト部会に採用。トマトジュースの拡販でも協力。JA宮崎中央、千葉、熊本、長野、広島、鹿児島でRightARMの取り組みを伝える。

Ver.1や以前からのコンサルティングで繋がりのある生産法人・生産者グループを中心にVer.2の導入が進んでいます。門川町高糖度トマト部会との取り組みは、トマトジュースの拡販もあり、プレスリリースを出させて頂きました。


<プレスリリース>

門川町高糖度トマト部会、経営強化でRightARM™を活用


テラスマイル、門川町高糖度トマト部会に農支援サービス「RightARM」を導入

まずは、「コンサルティングと比べて質が落ちた」という失望をパートナーに抱かせないよう、導入支援を丁寧に行いつつ、体系化を進めます。今後、数カ所の取り組みをプレスリリース出させて頂く予定です。


<RightARMの現状利用状況> ※12/4現在

11月末 導入待ち 問合せ
管理者ライセンス
管理農業者・法人 18 70
管理圃場 101 80 524

 


  1. ICCスタートアップカタパルトに出場決まる。認知度向上と開発強化に向け、新たなチャレンジへ。

 

12/2にリバネス社にて開かれる「宮崎テックプラングランプリ」、2/20に福岡で開かれるスタートアップの登竜門 ICCサミット FUKUOKA 2018「スタートアップ・カタパルト」に選出頂きました。創業丸4年を迎える遅咲きベンチャーではありますが、今後の中長期計画を見据えた認知度向上と、RightARMの開発強化に向けたヒト・モノ・カネとのご縁を目指し、チャレンジいたします。

 

【募集終了】スタートアップの登竜門 ICCサミット FUKUOKA 2018「スタートアップ・カタパルト」


 

11月11日(菊川)、26日(MUKASA-HUB)に社内合宿を行い、ビジョン・ミッションの共有を行いました。

 

【理念】みんなが楽しく働ける町を目指して「一次産業(農業)×データ=HAPPY」

【ミッション】

  1. 「市況」に捕らわれない農業を実現する。
    • 農作物を作ってもいくらで売れるのか分からない世界を変える。
    • マーケットから何が必要とされているのかわからない世界を変える。
  2. 流通小売加工と農業経営者との契約出荷をデータで推進する。
  3. データで可視化し、予測し、評価する。

 

まずは、Ver.2の立上げとお待ち頂いている方々への提案・導入支援を進めるとともに、一緒に理念・ミッションを共有頂く仲間を集めていきます。

 

2017年12月5日 生駒祐一